術後の傷跡やケア、年齢制限など

膝靭帯損傷の手術は靭帯修復手術と前十字靭帯再建手術、縫合術が一般的です。手術の割合としては前十字靭帯再建術が多いのが特徴です。

また実際に手術を受けるのは競技スポーツなどを専門に行う方や、歩行困難が生じるかたに限定されている状況で、一般の方にはあまり馴染みのない手術といえます。

前十字靭帯再建手術とは

サッカー選手など多くのアスリートが受けたことのある前十字再建手術は、患者本人の生体組織を移植して靭帯を再建する方法になります。少し痛々しいように思いますが、再建に使われる部位は2つの組み合わせがあります。

太腿の裏側の筋肉腱である半腱様筋と薄筋の2種の腱を用いるもの。膝小僧の真下にある膝蓋腱のみを用いる方法です。

どちらも自分の組織を使用するので術後の副作用や拒絶反応のリスクも少なく、定着レベルと治癒の期待が高いところもメリットになっています。腱の部位は患者の腱の状態がどちらが適しているか医師が判断したうえで、カウンセリングで患者の同意をうけたうえで決定されます。

手術の方法は体にストレスが少ないとされる内視鏡手術が用いられ、この時に並行して半月板損傷などの合併症や靭帯異常がないかをチェックしていきます。

医師

手術後のケアについて

前十字靭帯損傷手術は腱の定着時間も必要となるため、リハビリに慎重で取り組む期間も長くなります。しっかりとリハビリケアすることで膝周辺や下肢動作の筋肉が機能するようになり、可動域が広がって怪我の再発を予防します。

また、膝靭帯損傷はスポーツ外傷によって受傷する特性から、運動時の膝への負担や股関節まわりの強化に力を入れて、不意の接触や転倒、急転換、ひねりなどの外力に負けないような丈夫さを備えることも重要になります。

前十字靭帯再建手術による傷跡について

皮膚を1㎝~2㎝切開して、内視鏡を挿入するスタイルは傷跡が小さいのが大きな特徴です。半腱様筋と薄筋腱の移植の場合、膝小僧の端を左右対称に1㎝の傷跡と脛骨部に最大で3㎝の傷跡が残る程度になります。

傷口も小さいので術後の疼痛も少なく、傷口が塞がるのに時間を要さないので一般的な大がかりな手術に比べると体への負担が軽減されます。

重篤な膝損傷で手術を受けないとどうなる?

前十字靭帯は靭帯のなかでも重要なものです。断裂したまま放置しておくと運動をするたびにおかしな方向へ膝の角度が向きやすくなり、膝崩れ現象を誘発します。

膝崩れ現象になると、徐々に患部の膝まわりの組織が破壊するように機能性を失い、歩行がより困難になっていきます。

手術の年齢制限について

少し前まではスポーツを習慣とする若年層アスリートの手術というイメージが多い手術でしたが、年齢に関係なくスポーツにいそしむ方であれば希望により手術が実施されます。

ただ、術後の回復が遅い老齢期では感染症や合併症のリスクが高まるだけでななく、骨細胞のレベルも低下していることから手術を避けるのが無難といえます。